オフィスレイアウト・オフィス移転

初詣のオフィス管理士 オフィスレイアウトその3

初詣のオフィス管理士アドバイス

初詣のオフィスレイアウト・オフィス移転

初詣のオフィスレイアウト6 基本編 ベンゼン型レイアウト

プロジェクトチームなどのチーム単位で作業する組織に最適。
120度のデスクを3つ合わせ、連結することでY字に配置するレイアウト。
コミュニケーションが取りやすい事、作業スペースの確保ができることからプロジェクトチームなどグループで作業する部門に適したレイアウト。

ベンゼン型レイアウトのメリット
  • コミュニケーションが取り易い。
  • 作業スペースの確保ができる。
  • 配線処理がしやすい。
ベンゼン型レイアウトのデメリット
  • スペース効率が悪い。
  • 人数に制限がある。

初詣のオフィスレイアウト7 基本編 十字型レイアウト

少人数の部門やコールセンター等にに適したレイアウト。
デスクの中心にテーブルを置き、90度づつ4台のデスクを配置するレイアウト。クロス型とも言われる。

十字型レイアウトのメリット
  • お互いが目を合わせないのでプライバシーの確保ができる。
  • コミュニケーションが取り易い。
  • 中央の作業スペースを4人で使用できる。
十字型レイアウトのデメリット
  • スペース効率がやや悪い。
  • 人数が4人と決まっているので増員対応ができない。

初詣のオフィスレイアウト8 基本編 卍型レイアウト

コールセンターや少人数のチームに適したレイアウト。
デスクを90度に回転させて4台並べ卍の形にしたレイアウト。
比較的プライバシーの確保ができ、コミュニケーションも取り易いので少人数の部門や企業などに適したレイアウト。

卍型レイアウトのメリット
  • お互いが目を合わせないのでプライバシーがあるていど保てる。
  • コミュニケーションが取り易い。



ビジネススキルの仕事と資格TOPに戻る