オフィスレイアウト・オフィス移転

初詣のオフィス管理士 オフィス移転1

初詣のオフィス管理士アドバイス

初詣のオフィスレイアウト・オフィス移転

初詣の移転作業費

オフィスレイアウト・オフィス移転の適正価格を徹底解剖!
オフィスレイアウトやオフィスの移転にかかる費用はとても分かりにくい仕組みになっています。オフィス家具業界でも専門的な分野になるため、一般の方ではなかなか適正な費用が分からないのではないでしょうか。また、オフィスレイアウトの変更やオフィス移転は、頻繁に行うことではないため、お悩みの方も多いことかと思います。我々は「初詣のオフィス管理士」という立場上、様々な企業様とご相談させていただいております。初詣のオフィス管理士だからこそ言える「公平で中立的」な適正価格をご紹介させていただきます。

オフィス移転にかかる費用は引越し代だけではありません。引越しにかかる費用を全体的に把握をしていないと後々、予算オーバーになってしまう恐れがあります。

状況や規模によって価格は異なりますので項目だけ掲載したいと思います。

初詣の移転作業費
  • トラック車両
  • 作業員・施工員(ローパーティション、システム収納等の解体、組立)
  • 養生費(移転元、移転先)
  • 重量物搬入(大型金庫や大型機器)
  • 資材(ダンボール、OAボックス、テープ・ラベル)
  • 不要什器の廃棄
ポイント1
移転先や移転元が2階以上でエレベータが無い場合は金額アップの対象になりますので注意してください。
ポイント2
什器を廃棄するのに、お金の掛かる時代です。リユース(再利用)できる物はなるべくしましょう!
ポイント3
廃棄什器が多い場合で比較的新しい物はリサイクル業者が引き取ってくれる場合があります。基本的に買取ってもらえますが、作業員費やドラック代などで差し引き無料になる場合が多いようです。
ポイント4
ダンボールへの詰め込み作業は有料で業者が請け負いますが、自分たちでできることは作業した方が費用削減になります。
ポイント5
3月〜5月連休の間は引越し業者の需要期です。特に週末の土日や連休などはすぐに予約でいっぱいになります。早めに計画をたて依頼業者を決定する事が必要です。



ビジネススキルの仕事と資格TOPに戻る