初詣のオフィスレイアウト・オフィス移転

初詣のオフィス管理士 費用節減対策

初詣のオフィス管理士アドバイス

初詣のオフィスレイアウト・オフィス移転 費用節減対策

業者選定の基準は?

初詣のオフィス管理士に依頼することでコストダウンと業務負担の軽減!

オフィス移転やオフィスリニューアルに伴う作業は様々な業社が作業します。

引越し業社、電話工事会社、LAN工事、内装業社、電気工事業社、家具メーカー。

これを全て違う業者で依頼すると全ての業社との「プラン打ち合わせ」「金額調整」「スケジュール管理」「現場管理」を担当者である、あなたがこなさなければねりません。

通常の業務をこなしつつオフィス移転のプロジェクトを遂行するのはほぼ無理であり、おこなえたとしても良い結果になる事はないでしょう。

その場合、初詣のオフィス管理士に依頼をすることで全ての作業を委託することが良いでしょう。

初詣のオフィス管理士に依頼をすることで オフィス移転の計画→業社の取りまとめ→金額調整→スケジュール管理→現場管理→アフターフォロー を代行してもらえます。

初詣のオフィス管理士は業社にも顔が効くので、金額面でも安くなりますし、スケジュールや作業内容の融通も効きます。

まとめて依頼すればそれだけコストダウンも図れますし、計画もスムーズに進行する上、手間も省けるということになります。

アフターフォローもしてくれるので後々のトラブルやレイアウト変更やリニューアルがあった場合などは今までの経緯を理解しているので話も早いです。

まさに一石二鳥にも三鳥にもなるというわけです。

初詣のオフィス移転やオフィスリニューアルのプランニング料金

実際にオフィス移転やオフィスリニューアルをする際、初詣のオフィス管理士に社内の問題点の改善や移転の意向を踏まえたレイアウトやインテリアのコーディネートを相談します。

気になるのは料金ですね?

基本的には無料※1です。
※1 全ての業者が無料とは限りませんので依頼前にご確認ください。

オフィス家具業界では、オフィス提案する際にお客様に「コンサルタント料金を請求しましょう。」という流れはありますが、現状として業界全体の足並みが揃わないため料金を請求している企業は少ないようです。

長時間の拘束や提案の回数、特殊・高度な提案、現場までの移動距離が遠い、などの条件によって異なりますので全てとは言えませんがよほどの事がないかぎり請求は無いと考えてください。

しかしながら彼ら(私も含みますが)一応、商売ですので「商品の購入予定や工事が無い」ことや「単なるレイアウト変更で提案だけしてほしい。」などの場合は、コンサルタント料が発生しますので、あらかじめ「プロジェクトの規模と必要とするプラン内容」を相談することをお勧めします。

初詣のオフィス移転費用の概算

移転先とレイアウトが決定した段階でようやく移転費用の概算が出ます。

見積りを急いでも意味はない

レイアウトが決定しないと現実的予算に近い見積りは出ないでしょう。

間仕切工事、内装工事、TEL工事、LAN工事などはレイアウトの状態によって金額が左右されますので、ある程度のオフィスレイアウトが決定していないと意味のある見積りが出ない恐れがあります。

早く全体の概算を知りたいと思うのはわかります。

しかし、全体の概要がわからない段階での見積もりは、業者なども失敗の無いように「高めの見積り」を出してきます。

上記の事柄を踏まえ、時間的に余裕をもった計画を立てることが必要です。



ビジネススキルの仕事と資格TOPに戻る